池田CC(大阪)再生計画案、スポンサー先はPGM、3.5%弁済案で会員はプレー会員権に!

2019年12月2日に大阪地裁へ民事再生法を申請した池田カンツリー倶楽部経営の池田開発(株)の再生計画案が賛成多数により11月18日付けで大阪地裁から認可決定となった。
再生計画案は債権額の96.5%カットで、残り3.5%を再生計画認可確定後3ヶ月以内に一括弁済する。会員は預託金額面のない、いわゆるプレー会員権を有して会員資格を継続する。
スポンサー先はパシフィックゴルフマネージメント(株)で来年以降承継の手続を行うことになった。
申請時の債権者数は3045名、負債総額は約104億9681万円だった。
今年1月30日に池田開発(株)との間で、同社が所有・運営する池田CCの再生を、PGMの資金援助により支援するスポンサー基本合意契約を締結していた。

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※令和4年下半期 値上がりコース(令和元年比較)※※
磯子C、我孫子G、桜ヶ丘C、東京よみうりC、大利根C、本厚木C、大浅間G
メイプルポイントG、日光C、飯能G、河口湖C、南総C 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)


※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
川越グリーンクロス令和6年3月末を持って閉鎖に‼️
拡張工事状況に寄っては近隣コースにて国土交通省から借り受ける可能性が有るのではないかと思われる。
リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCは河川工事影響なし。

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※
ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫