長野県の塩嶺CCと穂高CCが業務提携 地元有数コースの提携、会員が相互に割引で利用可

長野県内の有数コースである塩嶺カントリークラブ(27ホール)と穂高カントリークラブ(18ホール)は業務提携により、相互の会員が互いのゴルフ場を割引料金で利用できる取り組みを行うことに。
昨年12月24日に信州塩嶺高原カントリー(株)の山田正治社長と穂高カントリー(株)の小林清社長が提携を仲介した長野市の県信用農業共同組合連合会本店で提携の調印式を行ったと地元紙にも報道された。
今年4月1日から両ゴルフ場の会員が互いの施設を利用する場合は会員料金に平日1100円、土日祝日2200円の上乗せで済むという。
少子高齢化を背景にゴルフ人口減少が見込まれる中、業務提携により競合するのではなく、共存共栄を図ろうと考えたという。会員価値の向上を目指すとしており、松本市を挟んで南北に位置する両クラブが提携することで、より会員のメリットが高まる。業務面での親密度を高める狙いもあるようだ。
塩嶺CCは上田治氏が設定した名コース。一方の穂高CCはJEクレインの設計で過去に日本女子プロを開催するなどコースに定評がある。この地元を代表するコース同士の提携に、周辺ゴルフ場も驚いているようだ。

カテゴリーNews

【業界情報】

※※今年に入り人気コース&昨年の夏以降相場上昇コース(コロナの影響か?)2倍以上※※
横浜CC、日光CC、府中CC、大利根CC、清川CC、葉山国際CC、相模原GC、河口湖GC、浜野GC、東京国際GC
(又大幅な値上がりコースには各々要因が有りますのでお問い合わせ下さい。)


※※2020年東京オリンピック開催コースの霞ヶ関カンツリー倶楽部を含め社団法人譲渡不可ゴルフ場※※
東京ゴルフ倶楽部(大正2年開場)、霞ヶ関カンツリー倶楽部、相模カンツリー倶楽部、程ヶ谷カントリー倶楽部、
那須ゴルフ倶楽部、茨木カンツリー倶楽部、神戸ゴルフ倶楽部、鳴尾ゴルフ倶楽部等の中には提携&友好コースもあり。
昭和7年開場の社団法人でない廣野ゴルフ倶楽部は売買不可のコースでゴルファーの憧れのコースとなって居ります。

※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
ノーザンCC令和2年10月より25H営業、川越グリーンクロス令和6年3月迄営業決定
先々大宮国際CC36ホール?大宮CC18ホールは短縮営業予定‼️

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※