昭和の森GコースとG練習場、来年内外で閉鎖は確定も時期は未確定。土地は売却済み。

パブリックの昭和の森ゴルフコースが閉鎖され物流基地になるのではないかという噂が今年春ごろから利用者にも広まったが、閉鎖になるのは確実としてもその時期はまだ確定していないことがわかった。

同地一帯の約40万坪を保有していた昭和飛行機工業(株)は昨年3月のTOBにより米ファンドのベインキャピタルの子会社化となった。

今回、昭和飛行機都市開発(株)にゴルフ場やゴルフ練習場の営業終了時期を確認したところ、再来年になる可能性もあるとのこと。ただホテルを含めすでに土地資産は売却済み。営業終了時期はまだ確定していないものの、営業を終了することは決まっており、決まり次第、発表と説明している。

同コースは、1969年8月に米軍接収施設の飛行場地域が返還され、返還施設にパブリックゴルフ場を開設。同11月に「昭和パブリックゴルフコース」として営業を開始。
その後、1984年に「昭和パブリックゴルフコース」から「昭和の森ゴルフュース」へ、名称変更した。

新所有会社はゴルフ場等の跡地を倉庫や物流基地として活用する方針のようでゴルフ施設を残すプランは今のところ出ていないという。

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※今年に入り人気コース&昨年の夏以降相場上昇コース(コロナの影響か?)2倍以上※※
横浜CC、日光CC、府中CC、大利根CC、清川CC、葉山国際CC、相模原GC、河口湖GC、浜野GC、東京国際GC
(又大幅な値上がりコースには各々要因が有りますのでお問い合わせ下さい。)


※※アコーディア・ネクスト、譲渡先はソフトバンク傘下!米フォートレスと11月16日に資本業務提携を発表!※※

※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
ノーザンCC令和2年10月より25H営業、川越グリーンクロス令和6年3月迄営業決定
先々大宮国際CC36ホール?大宮CC18ホールは短縮営業予定‼️

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※