韓国ゴルフ場のプレー代値上げの実態を政府機関が調査に入ると報道!

コロナ下でゴルフブームに拍車がかかっている韓国では、グリーンフィを値上げするゴルフ場が増えて、利用者などの不満から政府機関が調査に乗り出したとの報道があった。

パブリックゴルフ場の利用料金が29万ウォン(約2万7900円)となり、2019年12月の週末料金(19万ウォン)に比べ10万ウォンも上昇したと嘆く声を紹介。

公取委と消費者院はパブリックゴルフ場354カ所、会員制ゴルフ場158カ所の実態調査に着手したという。消費者院がゴルフ場の約款をチェックし、競技補助員(キャディ)などの利用強制といった不公正約款の有無について調べる。これら基礎調査が終了後、公取委は職権調査などの措置を取る方針と報道している。

韓国ではゴルフ大衆化のため、パブリックゴルフ場の税金を軽減しており、それが逆に会員制からパブリックへの転換に拍車がかかった。しかも高級化しているゴルフ場は豪華な会員制から転換したパブリックが多いようだ。また、お酒やおつまみを相当な高額で販売するゴルフ場もあるという。コロナ下で他の活動が制約を受ける中でゴルフは数少ない3密を避けやすいスポーツや企業活動になっているようで、海外にも行けないことから、ゴルフ人気に拍車がかかっている模様。

韓国の2020年ゴルフ場利用者数は501コースで12%増加の4673万人だった。21年は5千万人を超えるとの観測もあり、留まることを知らない韓国のゴルフ熱となっている。

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※令和4年上半期上位人気コース(8月3日現在)※※
大浅間GC、戸塚CC、麻倉GC、武蔵CC、河口湖CC、日光CC、桜ヶ丘CC、大利根CC、筑波CC、磯子CC
取手国際GC(プレミアム)、太平洋クラブ等 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)

【至急特選売り】(8月3日現在)
よみうりGC(相談)、戸塚CC(2300)、武蔵CC(1250)、川越CC(55)、総武CC(350)、秦野CC(8)、
太平洋クラブ額有(330)、武蔵野CC(60)、東京国際GC(250)、茨城G週(500)、常陽CC(130)


<<太平洋クラブ、9月末迄名義書換キャンペーン中!>>

キャンペーン期間中の入会名義書換料→220万円(税込)…ご入会・ご売却・相続等ご相談

※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
ノーザンCC令和2年10月より25H営業、川越グリーンクロス令和6年3月迄営業決定
先々大宮国際CC36ホール?大宮CC18ホールは短縮営業予定‼️

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※

ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫