世界のゴルフ人口、550万人増の6600万人に、R&Aが発表、代表的な調査や各国のデータを収集、パンデミックで特に21年が増。また、日本のゴルフコース数が世界で2番目と紹介!

R&Aとスポーツマーケティング調査により、2016年からの5年間で世界のゴルフ人口が6100万人から550万人以上増加の6660万人となったことが12月14日に発表された。

SMSでは代表的な調査と専門家の見積もりを使用して、世界のゴルフファー総数を計算し、各国連盟から報告された参加データを収集。一時期減少した後に世界中で上昇し、2021年は特に増えたという。

報告によると、増加傾向は Covid-19 の前に始まり、パンデミックの間に加速した。これは、ゴルファーが安全な屋外環境で社会的に距離を置き、身体的および精神的健康を高めるために活動を続けることができることから、ゴルフの人気が高まったと紹介している。

R&Aの「Golf Around the World 2021 Fourth Edition」ではゴルフコース別トップ10を表にして紹介しており、アメリカがコース数1万6156、ホール数24万369、施設数1万4139でトップ、2番目に日本、3番目にイギリス、4番目にカナダが挙げられている。韓国は8番目、中国は10番目。世界のコース数は3万8081、ホール数は5万4866となっている。

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※令和3年値上がり率コース(名義書換&預託金高額会員権ゴルフ場)※※
府中CC、多摩CC、磯子CC、相模原GC、横浜CC、葉山国際CC、レインボーCC、武蔵CC、狭山GC、
日高CC、袖ヶ浦CC(共)、大利根CC、河口湖CC、大浅間GC、日光CC、清川CC、メイプルポイントGC等

(大幅な値上がりには各コース要因が有ります。詳しくはお問い合わせ下さい。)


※※【至急買取】太平洋クラブ※※


※※太平洋クラブキャンペーン、名義書換料下記↓にて再開(書類準備整い次第)短期間の可能性有り※※
キャンペーン期間中(正会員):太平洋クラブ 220万円(税込)/太平洋アソシエイツ 165万円(税込)

※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
ノーザンCC令和2年10月より25H営業、川越グリーンクロス令和6年3月迄営業決定
先々大宮国際CC36ホール?大宮CC18ホールは短縮営業予定‼️

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※