函館シーサイドCC(北海道)、母体となるゴルフ場経営会社の株式取得でノザワグループに!!

函館シーサイドカントリークラブは、今シーズンの営業を3月26日からスタートしたが、母体会社が交代したこととのこと。
ゴルフ場によると、経営の(株)函館シーサイドカントリークラブの株式をノザワグループの合同会社NW函館が取得して、経営母体が交代したもの。経営交代時期は今年2月で、(株)函館シーサイドカントリークラブの代表取締役は遠藤正人氏に代わり今年2月1日に野澤利伸氏が就任、再び変わり3月12日に遊佐克彦氏が就任した。

ゴルフ場会社の株式売買であることから、会員などの権利はそのまま承継しているようだ。

函館シーサイドCCは、2003年までに三井トラスト・ホールディングス・グループの中央三井信託銀行系列から離脱し、会社分割によりこぶしGCとともに(株)朝日コーポレーションの系列下となった。
函館シーサイドCCは2004年に中間法人設立や会員権分割を会員に提案して、民事再生により再建を図ったこぶしGCとは別の形での再建を図っていた。

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※令和4年上半期上位人気コース(8月末現在)※※
東京よみうりCC、戸塚CC、平塚富士見CC、桜ヶ丘CC、磯子CC、大利根CC、大浅間CC、日光CC、
河口湖CC、茨城GC、富貴GC、南総CC等 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)

【至急特選売り(税込)】
戸塚CC(2150)、宍戸ヒルズ(80)、富士小山GC(120)、富貴GC(60)、長太郎(25)、大宮国際(15)、
鳩山C(240)、河口湖CC(130)、厚木国際CC(920)、南総CC(270)、取手国際GC外国籍プレミアム(530)


※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
川越グリーンクロス令和6年3月末を持って閉鎖に‼️
拡張工事状況に寄っては近隣コースにて国土交通省から借り受ける可能性が有るのではないかと思われる。
リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCは河川工事影響なし。

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※
ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫