ホノルルCC(ハワイ)のオーナーが交代、東京事務所によると9月1日、会員預託金は協議中と!!

日本人会員も多い米国・ハワイ州オアフ島にあるホノルルカントリークラブが9月1日付けでオーナー交代したことがわかった。
日本の東京オフィスによると、現地法人のゴルフ場資産保有会社の売却により、9月1日付けでオーナー権が移行されたという。日本の(株)ホノ。ルルカントリークラブの東京オフィスは、予約や名義書換えの業務を行っていると説明しており、元より直接的な現地ゴルフ場運営は現地法人の運営会社が行っていたという。

今回のオーナー権の移行に際しては、「全てのメンバー様(現地メンバーも含めて)は合意のもと当面は現状でプレーを続けていただけます」と説明。ただし預託金証書に関しては現在も今後の方針を協議中としており、詳細が決まり次第、今後は会員に直接、書面にて連絡する考えと説明している。

新しいオーナー会社は「JJKOO HAWAII, Inc」と説明。連絡先は従来と同じゴルフ場現地となっている。新オーナーは韓国系とみられている。

同ゴルフ場は、ホノルル国際空港から車で10分で、アーノルド・パーマー氏設計による池を豊富に利用したコース・と紹介しており、日系企業がオープンの1977(昭和52)年に買収し、日本で350万円募集を開始。バブル時には2500万円という高額募集も行っていた経緯もあった。ただ一時経営に関与したモビリア(株)が2003年8月に破産宣告を受けたが、ゴルフ場は日本人の個人オーナーに変わるなどして変わりなく経営を続け、日本の東京オフィスも営業を続けていた。

(ゴルフ特信より)

関連情報



【業界情報】

※※令和4年上半期上位人気コース(8月末現在)※※
東京よみうりCC、戸塚CC、平塚富士見CC、桜ヶ丘CC、磯子CC、大利根CC、大浅間CC、日光CC、
河口湖CC、茨城GC、富貴GC、南総CC等 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)

【至急特選売り(税込)】
戸塚CC(2150)、宍戸ヒルズ(80)、富士小山GC(120)、富貴GC(60)、長太郎(25)、大宮国際(15)、
鳩山C(240)、河口湖CC(130)、厚木国際CC(920)、南総CC(270)、取手国際GC外国籍プレミアム(530)


※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
川越グリーンクロス令和6年3月末を持って閉鎖に‼️
拡張工事状況に寄っては近隣コースにて国土交通省から借り受ける可能性が有るのではないかと思われる。
リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCは河川工事影響なし。

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※
ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫