森ビルゴルフリゾート(宍戸ヒルズCC、森ヒルズCC)、2コースにソーラーカーポート

森ビルゴルフリゾート(株)と(株) Sustechは、同リゾートが運営する宍戸ヒルズCC及び静ヒルズCCにて、オンサイトPPA モデルによるソー ラーカーポート導入に合意したと発表した。来春には設置が完了する見込みという。

森ビルグループでは、脱炭素社会の実現に向けて、事業活動で消費する電力を2030年までに100%再生可能エネルギーへ切り替えることを目指しており、2022年9月には国際的なイニシアチブ 「RE100」にも加盟するなど、再エネの導入を積極的に推進している。そのような中で、2ゴルフ場においてソーラーカーポートを導入し、太陽光発電による電力を利用する取組みを開始することとし たという。

同取組みでは、PPA事業者で、企業のグリーントランスフォーメーション支援サービスを提供するSustechがソーラーカーポートの設置及び保守を行い、発電した電力を森ビルゴルフリゾートが自社施設で消費する、PPA モデルを活用する。各施設に約300kWのソーラーカーポートを導入し、各施設が使用する総電力量の約40%を賄う予定。温室効果ガス(GHG)は年間で約30万kgCO2削減できる見込み。Sustechではゴルフ場駐車場を利用した非FIT太陽光発電の取組みを拡大する意向だ。
(ゴルフ特信より)

関連情報



【業界情報】

※※令和4年下半期 値上がりコース(令和元年比較)※※
磯子C、我孫子G、桜ヶ丘C、東京よみうりC、大利根C、本厚木C、大浅間G
メイプルポイントG、日光C、飯能G、河口湖C、南総C 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)


※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
川越グリーンクロス令和6年3月末を持って閉鎖に‼️
拡張工事状況に寄っては近隣コースにて国土交通省から借り受ける可能性が有るのではないかと思われる。
リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCは河川工事影響なし。

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※
ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫