8月26日付 ゴルフ会員権特選情報

※※至急特選売り※※


よみうりGC(相談)、大利根CC(950)、
東京CC(40)、武蔵C(1200)、
成田GC(200)、相模湖CC(額470→100)、
八王子C平日(175)、武蔵野CC(60)、
東京国際GC(250)、茨城G平婦(450)、
東松山CC(210)、越生GC(25)


※※令和4年上半期上位人気コース※※

大浅間GC、戸塚CC、麻倉GC、武蔵CC、
河口湖CC、日光CC、桜ヶ丘CC、
大利根CC、筑波CC、磯子CC
取手国際GC(プレミアム)、太平洋クラブ等
(各コース要因有ります)

詳しくはお問い合わせ下さい。

三井住友VISA太平洋マスターズ、一般観戦無料!

三井住友カード(株)、(株)TBSテレビ、(株)太平洋クラブの3社は、今年11月10日から13日までの4日間、太平洋クラブ御殿場コース(18ホール)にてJGTO主管のもと開く「2022 三井住友VISA太平洋マスターズ」は、今年50周年を迎える記念大会で、感謝の気持ちを込めて、「全日入場無料」で開催すると発表した。

入場無料となるのは8日の指定練習日と10~13日の予選・決勝ラウンドで、7日の指定練習日と9日のプロ・アマチャリティトーナメントは非公開。出場選手は84名から最大90名に増枠予定としている。

昨年は谷原秀人プロが通算6アンダーで優勝した(ツアー通算15勝目)。

ゴルフ特進より

川越グリーンクロス令和6年3月をもって閉鎖。大宮国際CC等が一部を借り受ける可能性あり。リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCは河川工事影響なし。

調節池整備のため川越グリーンクロスは、令和6年3月をもって閉鎖することが決定。

荒川第二・第三調節池整備によって、川越グリーンクロスの敷地はスーパー堤防になるが、27ホールのうち数ホールは残るとされている。

個人的意見・・・その場合、近隣の大宮国際CC、大宮CCが残りのホールを国土交通省から借り受ける可能性があり、中でも、大宮国際CCが取得するとホール数が増え、面白いコースになりそうだ。

ちなみに、富貴GCは河川コースではあるが、私有地の為、国に返還を求められないゴルフ場であり、2003年の河川法によりメンバー数が増やせないコースとなっている。

また、リバーサイドFGC、浦和GC、熊谷GCの各コースは、荒川第二・第三調節池整備の影響はなく、今まで通り営業するようだ。

8月23日付 ゴルフ会員権特選情報

※※至急特選売り※※

よみうりGC(相談)、大利根CC(950)、
葉山国際CC(150)、川越CC(55)、
成田GC(200)、赤羽GC(55)、
八王子C平日(175)、武蔵野CC(60)、
東京国際GC(250)、茨城G週(500)、
東松山CC(210)、越生GC(25)

※※令和4年上半期上位人気コース※※

大浅間GC、戸塚CC、麻倉GC、武蔵CC、
河口湖CC、日光CC、桜ヶ丘CC、
大利根CC、筑波CC、磯子CC
取手国際GC(プレミアム)、太平洋クラブ等
(各コース要因有ります)

詳しくはお問い合わせ下さい。

高麗川CC、令和4年10月1日より名義書換料・年会費改定

同クラブでは、名義書換料と年会費を下記のとおり改定する。
実施:令和4年10月1日より
名義書換料 :
 正会員 1,100,000円(税込) → 1,650,000円(税込)
 平日会員(土可) 550,000円(税込) → 825,000円(税込)
 週日会員(月〜金) 660,000円(税込) → 990,000円(税込)
年会費(会計年度 : 10月〜9月):
 正会員 55,000円(税込) → 77,000円(税込)
 平日会員(土可) 33,000円(税込) → 49,500円(税込)
 週日会員(月〜金) 22,000円(税込) → 33,000円(税込)

葉山国際CC、令和4年10月1日より名義書換料および利用料改定

同倶楽部では、会員権の名義書換料を下記のとおり改定する。
実施:令和4年10月1日より
名義答換料:
・正会員:770,000円(税込) → 950,000円(税込)
・平日会員:550,000円(税込) → 750,000円(税込)
またゲスト・ビジター基本料金並びにメンバー料金を以下のように改定する。
実施:令和4年10月1日より
ゲスト・ビジター基本料金(キャディ付きは3,300円(税込)追加):
・平日:18,200円(税込) → 20,800円(税込)
・土・日・祝日:30,400円(税込) → 33,500円(税込)
メンバー料金(キャディ付きは3,300円(税込)追加):
全日:8,180円(税込) → 8,380円(税込)

葛城GC(静岡) 8月から12月30日までの期間名変停止、同期間中に募集予定も在籍会員紹介で定員に達し締切!

ヤマハグループの葛城ゴルフ倶楽部は、 8月1日から12月30日までの予定で、会員権の名義書換えを停止する。

同倶楽部では毎年この時期、会員権の名変を停止し補充正会員募集を実施している。今年も632万円で募集する予定だったが、在籍会員の紹介で既に定員に達したため締め切ったという。

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP大会、石岡GCにて今期0月末に急遽開催決定!

(株)平和と子会社のパシフィックゴルフマネージメント(PGM)は8月8日、一般社団法人・日本ゴルフ ツアー機構との間で2022年JGTOツアートーナメント『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』(賞金総額1億5千万円)を今年10月27〜30日に「PGM石岡ゴルフクラブ」で開催することで合意したと発表した。

会場の PGM石岡GCは2020年2月にPGMグループ入りし、「GRAND PGM」ブランドで運営されているコースで、2022年4月21~24日に、JGTOツアーを実施し、ツアー初の1シーズン2度目の開催となる。

PGMの田中社長は「ゴルフ場はコロナ以前を上回るゴルフブーム。これを一過性に終らせないためにはプロ競技が盛り上がってこそ」と大会復活を決めたという。 2023年2月24〜25日には「PGMゴルフリゾート沖縄」(分ホール、沖縄県)にて『HEIWA・PGM チャ リティゴルフ』も開催する。

株式会社秋葉ゴルフ倶楽部など6社、民事再生法の適用を申請

(株)秋葉ゴルフ倶楽部と関連会社5社は、8月9日に東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、監督命令を受けた。

(株)秋葉ゴルフ倶楽部は、1990年(平成2年)10月設立のゴルフ場経営業者。当社および関連会社で秋葉ゴルフ倶楽部(愛知県新城市)、茶臼山ゴルフ倶楽部(長野県下伊那郡売木村)、ブナの嶺ゴルフ倶楽部(長野県下伊那郡売木村)を運営していた。

なお、同時に民事再生法の適用を申請した関連会社は、(株)イーストヒル、(株)ブナの嶺ゴルフ倶楽部、(株)ワールドウッドゴルフクラブ、(株)茶臼山ゴルフ倶楽部、うるぎハイランド開発(株)の5社で負債は調査中とのことだ。