高松琴平電気鉄道グループ会社の高松グランドカントリー、11月24日民事再生手続き、負債総額46億円!

高松琴平電気鉄道(琴電、高松市)は24日、グループ会社でゴルフ場を運営する高松グランドカントリーが高松地裁に民事再生手続きの開始を申し立て、受理されたと発表した。今後も営業は通常通り継続し、スポンサーを募らず自主再建を目指す。

負債総額は46億円となる見込み。琴電の事業に対する影響はないとしている。

28日に債権者集会を開く。同社が運営する高松グランドカントリークラブは1974年に開場。会員の高齢化に伴い退会希望者が急増、預託金の返還を将来的に継続することは不可能だと判断した。負債総額のうち、現在約1800人いる会員からの預かり金が43億円と大半を占め、金融機関の債務は少ない。

アコーディア・ネクスト、譲渡先はソフトバンク傘下!米フォートレスと11月16日に資本業務提携を発表!

アコーディア·ネクストグループの㈱アコーディア·ゴルフ及びネクスト·ゴルフ·マネジメント㈱は11月16日、共通する持株会社の株式についてMBKパートナーズがフォートレス·インベストメント・グループLLCの運用ファンドへの譲渡に合意したことを発表した。
本件の株式譲渡は今後数カ月以内に実行されることが予定されているとし、本件株式譲渡が完了したのち、フォートレストはアコーディア・ゴルフ及びネクスト·ゴルフ·マネジメントの新たな親会社として、資本·業務上の両面で両社のさらなる成長を支援してもらう予定としている。

同グループは、”日本で唯一の米国PGATOURを受け入れるコースを保有する企業としての世界基準のコース管理技術を背景に、年齢や性別を間わず誰もが気軽にプレーできる快適なゴルフ環境を提供するための取組みをさらに向上させることを目指す”としている。

本件株式譲渡に伴う、会社名、ブランド名、経営体制及び従業員の処遇に変更はなく、取引企業やお客様との関係にも影響はないという。

フォートレスは、2021年6月30日時点で約539億米ドルの運用資産を有する国際的な投資ファンド運用会社。1998年に設立され、2007年2月にニューヨーク証券取引所に上場し、米国初の上場代替投資運用会社となり、2017年12月にソフトバンクグループ㈱の子会社となったと紹介。世界最大級の不動産投資ファンドを運用しており、2002年以降、全世界の不動産及び不動産関連企業に総額約1000億米ドル以上を投資しているという。

アコーディア・ネクストグループのゴルフ場はネクスト・ゴルフと合わせて1都1道2府32県に169のゴルフ場と27の練習場を運営し、運営施設数では国内一位。年間延べ入場者数は1000万人以上、従業員はグループでパート・アルバイトを含め約1万1600名という。2017年から成田GCでは米国PGAツアーチャンピオンズ、2019年からアコーディア・ゴルフ習志野CCにて米国PGAツアートーナメントを開催しているとしている。

日経新聞のWEBニュースで16日、買収額は4千億円規模と報じたが、売却側のMBKパートナーズからのコメントは得られなかった。それ以上との観測もあるようだ。

昭和の森GコースとG練習場、来年内外で閉鎖は確定も時期は未確定。土地は売却済み。

パブリックの昭和の森ゴルフコースが閉鎖され物流基地になるのではないかという噂が今年春ごろから利用者にも広まったが、閉鎖になるのは確実としてもその時期はまだ確定していないことがわかった。

同地一帯の約40万坪を保有していた昭和飛行機工業(株)は昨年3月のTOBにより米ファンドのベインキャピタルの子会社化となった。

今回、昭和飛行機都市開発(株)にゴルフ場やゴルフ練習場の営業終了時期を確認したところ、再来年になる可能性もあるとのこと。ただホテルを含めすでに土地資産は売却済み。営業終了時期はまだ確定していないものの、営業を終了することは決まっており、決まり次第、発表と説明している。

同コースは、1969年8月に米軍接収施設の飛行場地域が返還され、返還施設にパブリックゴルフ場を開設。同11月に「昭和パブリックゴルフコース」として営業を開始。
その後、1984年に「昭和パブリックゴルフコース」から「昭和の森ゴルフュース」へ、名称変更した。

新所有会社はゴルフ場等の跡地を倉庫や物流基地として活用する方針のようでゴルフ施設を残すプランは今のところ出ていないという。

PGM、石岡GC(茨城)とマリアGL(千葉)で11月から募集、一方10月から開始の武蔵(埼玉)は継続中

PGMグループのPGM石岡ゴルフクラブとPGMマリアゴルフリンクスは、11月1日から正会員募集を開始している。

PGM石岡GCは、募集定員は100口。2口以上同時に入会申込みの場合は154万円。

PGMマリアGLは、正会員で募集定員は100口。2口以上同時に入会申込みの場合は209万円。

なお、同グループでは10月1日からPGM武蔵ゴルフクラブ(18H、埼玉)で実施中の正会員253万円募集は、現在も継続中という。

PGM石岡ゴルフクラブ 募集要項

募集口数

100口
※会員権の名義書換は引き続き停止とする。

募集金額

通常入会 1,650,000円(税込)
2口以上同時入会 1,540,000円(税込)

  ※募集金額は全て入会金。

年 会 費

55,000円(税込)
※入会初年度は月割納入

11月1日、「ザ セイントナイン 東京」(千葉)で再スタート、従来の八幡CCは10月31日にクラブ解散

八幡カントリークラブを経営する平岩観光(株)は、会員組織である「八幡カントリークラブ」を10月31日をもって解散するとともに、11月1日から「ザ セイントナイン 東京」にクラブ名を変更する。

八幡CCの会員には、「本年11月以降に全額返金」するとし、2018年12月26日以降に入会された会員には預託全額面金額と入会金(名義変更料)を全額返金する。

また新クラブの発足に伴い新会員を募集する計画で、募集金額は特別縁故1200万円(全額預託金=据置期間はなし、譲渡可)で行う。預託金返還はクラブ解散時としており、退会する際は会員権譲渡価格で回収できる金額が決まる形だ。

最終会員数は450名とし、少数会員観によるグレードの高いクラブを志向しているという。
プレーはキャディ付きメインのスループレーに変更する考えで、今後キャディを募集する方針という。

改造工事等のスポンサーは、韓国大手タイヤメーカーのネクセンタイヤで、高級志向へのクラブ転換や今後の取組みが注目されている。

千葉県のゴルフ会員権相場表はこちら

THE RAYSUM(群馬)約2年間かけリニューアル、スパ、温泉サウナ等、コースにコレクションエリアも、10月1日全面サービス再開!

(株)アセット・ホールディングスは、運営している「THE RAYSUM(ザ・レーサム)」を今年10月1日にリニューアルオープンした。『人間性さえ回復させるゴルフリゾートを創る』ことを目的にコース・施設の全面的なリニューアルを敢行したと発表。

同ゴルフ場は1993年に開場。2003年に同社の経営となり、2008年に温泉湧出により露天風呂とサウナを新設し、レーサムゴルフ&スパリゾートに名称を変更。同年5月に日本プロゴルフ選手権大会を開いた。また2018年にはクラブハウスに隣接して4階建てホテルを建設。1階には本場のフランス料理を楽しめるレストランを配置し、オーベルジュとしても運営してきた。今年4月に施設名称を現名称に改めた。

コースは元々のチャンピオンコースの戦略性に加え、より高い精神性を持たせるため池、ティーイングエリア、バンカーの位置や形状を変え、18ホール中15ホールに及ぶ広いグリーンをさらに拡大。

11月からはさらに3カ所の池を新設するなど来春までコース改造の工事を予定している。
一方、クラブハウスは、木とモルタル調の自然でモダン&スタイリッシュな空間に仕上がったという。

10月にリニューアルオープンしたばかりの大浴場には美肌と疲労回復に効果の高いNa塩化物泉の天然温泉露天風呂のに、代謝を高める本格ロウリュと不思議な寛ぎ空間「球体サウナ」を備える。

群馬県のゴルフ会員権相場表

東富士CC(静岡)会員が残り名変再開、名義書換料100万円

東富士カントリークラブは、経営の東日本開発(株)の吸収分割にて今年7月1日から三菱地所(株)が新設した東富士グリーン(株)の経営に移行し、パブリック制に移行したが、退会を選択しなかった会員とは会員契約を継続したことから、吸収分割で一時停止していた会員権の名義書換えを10月1日から受付再開した。

会員権の名変料(税別)は従来通り正会員100万円、平日会員50万円。
経営の東富士グリーン(株)総務部によると、「会員で残ったのは約50名。主に個人会員。また元会員を対象に募った友の会会員も約50名。と説明している。

静岡県のゴルフ会員権相場表

PGMマリアゴルフリンクス ピートダイゴルフコース 正会員補充募集を実施 (年内は募集より名義書換での入会をオススメ!特にPGMメンバーはP-CAP制度により名変料が半額に!!)

PGMマリアゴルフリンクス ピートダイゴルフコースは、令和3年11月1日より正会員補充募集を実施する。

募集口数

100口

募集金額

通常入会の場合 2,200,000円(税込)
会員の紹介による入会の場合 1,980,000円(税込)
2口以上同時入会の場合 2,090,000円(税込)

※募集金額は全額入会金となる。(預託金はなし)
※入会金は返還しない。

募集期間

令和3年11月1日より一般募集受付開始(募集口数に達し次第終了)
※名義書換受付期間:令和3年9月1日から同年12月31日まで
※名義書換停止期間:令和4年1月1日から募集期間終了まで

年会費

※令和4年度より年会費を改定するが、令和4年度は年会費の対象期間変更に伴い、改定後年会費の9ヶ月分を請求する。

令和3年度 正会員 33,000円(税込) 対象期間:4月~3月
令和4年度 正会員 39,600円(税込) 対象期間:4月~12月
令和5年度以降 正会員 52,800円(税込) 対象期間:1月~12月

※入会初年度は入会翌月分より月割で請求(振込)する。
※入会翌年度からは原則口座からの自動引落しとなる。

現会員数

令和3年9月1日現在 662口
(正会員:566口 平日会員:95口 特別会員:1口) 

お得情報

PGMメンバーは、年内、P-CAP制度により名義書換料が半額になります。

お問い合わせはこちら お電話でもOKです フリーダイヤル:0120-03-3391

千葉県のゴルフ会員権相場表

PGM武蔵ゴルフクラブ 正会員補充募集を実施

PGM武蔵ゴルフクラブは、令和3年10月1日より正会員補充募集を実施している。

会員種別及び募集口数

正会員(個人・法人/1名記名式) 70口
※募集口数に達し次第締切とする。
※会員権の名義書換は引き続き停止とする。

募集金額

通常入会 2,530,000円(税込)
会員の紹介による入会 1,980,000円(税込)
PGMグループゴルフ場会員 1,980,000円(税込)
2口以上同時入会 2,200,000円(税込)

  ※募集金額は全て入会金となる。(預託金はなし/入会金は返還しない)

年 会 費

110,000円(税込)
※入会初年度は月割納入

会員数

609名(2021年9月末現在)

お問い合わせはこちら お電話でもOKです フリーダイヤル:0120-03-3391

埼玉県のゴルフ会員権相場表