6月の訪日外客数、200万人超、半年で1千万人。韓国、台湾、それに米国の順、ゴルフの欧米比率増加

日本政府観光局(JNTO)は7月19日、6月の訪日外客数推計値について2019年同月比72.0%の207万3300人と発表し2023年5月の訪日外客数が新型コロナウイルス感染症の拡大により訪日外客数が大幅に減少した2020年2月以降、初めて200万人を突破したと報告した。また、2023年1〜6月までの累計は1071万2千人となり、上半期の時点で1000万人を超えた。

地域別では、台湾(19年比15.6%減)をはじめとした東アジア地域において訪日外客数が増加、また、欧米豪中東地域では特に米国(同29.2%増)や豪州(同13.7%増)等において2019年同月比を超える回復を見せて押し上げ要因となった。6月の訪日外客数最多は韓国54.51万人(10.9%減)、台湾38.9万人、米国22.68万人の順。 中国は20.8万人で4番目に浮上したが19年比はまだ76.3%減となっている。なお、国際線定期便は、今年夏ダイヤ時点でコロナ禍前の約6割まで運航便数が回復し、その後も東アジアを中心に増便・復便が続いているという。

観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、1~3月の「ゴルフ場・スポーツ施設利用料・スポーツ施設利用料」の購入者数は48人で購入比率は0.5%、うち韓国は14人で0.7%、米国5人 0.4%、豪州4人 0.8%、英国3人1.1%など。4〜6月は48人で0.6%。うち韓国11人0.9%、米国6人0.5%、台湾4人0.4%、香港4人0.6%、スペイン4人5.6%、フランス3人2.0%、豪州3人1.3%、マレーシア3人0.8%など。海外からのゴルファーはコロナ前よりも欧米や東南アジアからも増えている。

一方、6月の出国日本人数は70万3300人で前年同月比310%増となり、今年月別で最多となったものの2019年同月の約152万人に対して53.8%の減少に留まった。

(ゴルフ特信より)

ゴルフ会員権 相場表-婦人を更新しました。東京よみうりCC(婦人)正・平・週、茨城GC(婦人)平・週、鴻巣CC(婦人)正を探しています。

相場表-婦人

2024.2.23現在

コース名 HP 正 平 日 会 員 名義書換料(税込)+預託金 ホール数 お問い合せ
売り希望 買い希望
東京都
GMG八王子ゴルフ場 ホームページ 正70
平50
正相談平相談 正婦人 55
平婦人 33
27 お問い合せ
東京国際ゴルフ倶楽部 ホームページ 正450平250 正350平170 正婦人110
平婦人 66
18 お問い合せ
東京よみうりカントリークラブ ホームページ 正相談
平週相談
正2500
平1500
週1200
正婦人 330+500
平婦人 198+300
週婦人 165+100
18 お問い合せ
神奈川県
鎌倉カントリークラブ ホームページ 正15
平30
相談  正婦人 49.5+200
平婦人 33+100
18 お問い合せ
清川カントリークラブ ホームページ 正160
平60
正相談
平 相談
正婦人 132
平婦人 66
18 お問い合せ
湘南シーサイドカントリー倶楽部 ホームページ 正相談
平相談
正300
平180
正婦人 77+100
平婦人 55+60
18 お問い合せ
チェックメイトカントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正120
平35
正婦人 66平婦人 44 18 お問い合せ
津久井湖ゴルフ倶楽部 ホームページ 正100
平相談
正25
平10
正婦人 55
平婦人 38.5
27 お問い合せ
長竹カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 110+200
週日婦人 44+100
18 お問い合せ
葉山国際カンツリー倶楽部 ホームページ 正280
平100
正210平40 正婦人 77+300
週婦人 55+200
36 お問い合せ
横浜カントリークラブ ホームページ 正550
平200
正250
平70
正婦人 440+600
平婦人 220+300
36 お問い合せ
レインボーカントリー倶楽部 ホームページ 正250
平170
正130
平65
正婦人 88+120
平婦人 44+60
18 お問い合せ
埼玉
オリムピックCC レイクつぶらだコース ホームページ 売→名義変更料金含む 18 お問い合せ
川越カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正70
平30
正婦人 55+50
平婦人 27.5+25
27 お問い合せ
高坂カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正135
平60
正婦人 110+200
平婦人 55+100
36 お問い合せ
飯能ゴルフクラブ ホームページ 正相談 正相談 正婦人 275+150 18 お問い合せ
飯能パークカントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 55
平婦人 27.5
18 お問い合せ
東松山カントリークラブ ホームページ 正230
平150
正150
平 相談
正婦人 110+50
平婦人 110+50
27 お問い合せ
武蔵松山カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正60
平相談
正婦人 55
平婦人
18 お問い合せ
嵐山カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 220+100
平婦人
18 お問い合せ
千葉
姉ケ崎カントリー倶楽部 ホームページ 正150
平相談
正100
平 60
正婦人 55
平婦人 33
36 お問い合せ
オーク・ヒルズカントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 33
平婦人 16.5
18 お問い合せ
鎌ケ谷カントリークラブ ホームページ 正170
平相談
正相談
平 50
正婦人 110+200
平婦人 55+100
27 お問い合せ
木更津ゴルフクラブ ホームページ 正相談
平相談
正100
平30
正婦人 110
平婦人 55
18 お問い合せ
グレンオークスカントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 33
平婦人 16.5
18 お問い合せ
京葉カントリー倶楽部 ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人
平婦人 停止中
18 お問い合せ
袖ヶ浦カンツリークラブ(共通) ホームページ

正220
平 143
36 お問い合せ
千葉カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正650
平400
正婦人 165+300
平婦人 82.5+200
63 お問い合せ
アコーディアゴルフ 習志野カントリークラブ ホームページ 正相談
平相談
正相談
平相談
正婦人 110
平婦人 55
54 お問い合せ
浜野ゴルフクラブ ホームページ 正450
平相談
正280
平200
正婦人 220
平婦人 110
18 お問い合せ
船橋カントリー倶楽部 ホームページ 正相談
平相談
正相談
平 相談
正婦人 132+100
平婦人 66+50
18 お問い合せ
茨城
茨城ゴルフ倶楽部 ホームページ 正相談
平週相談
正1100
平480
週650
正婦人 110
平婦人22
週婦人 55
36 お問い合せ
金乃台カントリークラブ ホームページ       18 お問い合せ
龍ケ崎カントリー倶楽部 ホームページ 正 1000 正610 正婦人 220 27 お問い合せ

詳しくはお問い合わせ下さい。

会員権売り情報:葉山国際カンツリー倶楽部(神奈川)【正会員婦人:特価280万円】(成約済み)

会員権
相場
売り:特価280万円
所在地 〒240-0114 
神奈川県三浦郡葉山町木古庭1043-1
連絡先 TEL:046-878-8111/FAX:046-878-8104
HP http://www.hayama-kokusai-cc.com/
特徴 山岳コース。横須賀市街を見下ろす、三浦半島の高台に位置し、東に東京湾・房総半島、西に相模湾の彼方に富士・箱根・伊豆の連山を一望できる大パノラマの中、個性豊かな表情を持つ36ホールを展開している。コースは、谷越えやドッグレッグ、豪快なショットが楽しめるホールなど変化に富んでいる。距離はそれほど長くないので、確実なショットをつなげていくとスコアもまとまる。
6月上旬は、コース全体にあるアジサイが見頃。
年会費 正会員:60,500 円(税込)
(2023.07現在)

詳しくはお問い合わせ下さい。

太平洋クラブ初の単独運営コースの金乃台CC(茨城)、新規会員募集中

太平洋クラブ初の単独運営コースの金乃台CCでは、以下の通り、新規会員を募集している。

太平洋クラブが手掛けた初の単独運営コース

●井上誠一氏の最後の弟子として知られる“嶋村唯史”氏によるコース改修
現代のプレーにマッチしたコースレイアウトへと進化。
IPを250Yに設定<バンカーの新設、変更、ティインググラウンドの新設>
●クラブハウスの内装を一新
エントランス・フロント・ショップ・化粧室・ロッカールームをリニューアル。
ショップはDUNLOPショップとして生まれ変わり、ダンロップ製品を中心に最新モデルをラインナップ
●キャディの制服を変更
太平洋クラブと同じ制服に統一。他コースへの研修を実施するなどホスピタリティの向上。

都心から1時間圏内、車でも電車でも抜群のアクセス

●東京から70km、車で約1時間
牛久阿見I.C.を降りてから約6分と快適なアクセス
●上野駅からJR常磐線で牛久駅まで約50分
牛久駅からはクラブバス(無料)で約5分、電車でラクラクアクセス

GPSナビ付乗用カートを導入し、キャディ付きプレーが楽しめる

●これまでの歩きプレーから、乗用カート導入により快適なプレーが楽しめるように
●ナビ付きカートで、スピーディかつ正確な情報が得られるように

詳しくはお問い合わせ下さい。

2022年ゴルフ参加率、5.3%で20年と同等に。「レジャー白書2023」速報、国内旅行1位に復帰、仕事より余暇を重視、潜在需要は「海外旅行」が1位、コロナ明け様相、年間出費はゴルフが海外旅行に次ぐ

公益財団法人・日本生産性本部の余暇創研は7月14日に「レジャー白書2023」(今年秋発行予定)の速報版を公表した。同調査は2023年2~3月に全国15~79歳の男女を対象にインターネット調査(有効回収数3306人)で行った。公表された主なポイントは、次の通り。

【仕事より余暇を重視する割合が年々増加傾向】。仕事(勉強や家事を含む)と余暇のどちらを重視するかは、63.9%が余暇を重視する傾向。特に「仕事よりも余暇の中に生きがいを求める」の回答率が20年以降増加した。

【余暇活動参加率では、「国内観光旅行」が1位に復帰】。余暇活動の参加率は「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」が、前年(21年)から1ポイント上昇して42.8%となり、19年以来の1位となった。しかし、コロナ禍前の1年の参加率の水準(54.3%)には戻っていない。「ドライブ」(5.7ポイント増)や「外食(日常的なものは除く)」(2.4P増)など外出を伴う種目に上昇傾向がみられる。性別でみると、男性は前年に続き「動画鑑賞(レンタル、配信を含む)」が1位。女性は「国内観光旅行」が32.8%から45.4%に大きく上昇し1位となった。

【潜在需要は「海外旅行」が1位】。各種目の希望率と参加率の差を「潜在需要」として算出すると、前年(21年)1位の「国内観光旅行」は、参加率の上昇に伴って減少し、2位となった。一方で「海外旅行」は潜在需要の減少幅が「国内観光旅行」と比べて小さいため、1位となった。

市場規模及び各産業の動向、余暇活動参加人口については、秋発行予定の白書にて公開となる。

今回速報では余暇活動108種目の参加率や年間回数、年間平均費用、参加希望率が発表された。

ゴルフ(コース)参加率は5.3%で前年の5.7%より0.4Pダウン、21年レジャー白書と同じで過去最少となった。年間回数は14.6回で前年の17.2回より2.6回、15.1%少ない。対して年間平均費用は18万3200円で前年より4万7400円、34.9%も増加した。参加希望率は7.3%で前年と同じであった。参加人口は未発表だが21年レジャー白書と同じ5.3%であったため、21年のゴルフ人口520万人と同等か、下回る可能性がある。ゴルフ練習場は参加率は5.2%で前年の5.8%より0.6Pダウン、年間回数は20.2回で前年の19.7回より0.5回、2.5%増加、年間平均費用は2万7800円で前年より200円、0.7%上昇した。

20~21年にはコロナ下での行動抑制の影響が目立ったが、22年は旅行やドライブなどが上位に復活するなどでコロナ明けの動きとなり、逆にコロナ下で注目されたゴルフ練習場やゴルフ(コース)は消費は増えたものの参加率は早くもコロナ前に戻りつつあることを示した。

ゴルフ(コース)の年間費用18万3200円は、22年に参加率1.8%だった海外旅行の30万1200円に次ぐ2番目だった。プレー料金の値上げや、若者のゴルフ参加増もあって、休日のビジター利用割合が増えたことも平均金額の上昇となったと考えられる。ゴルフ業界としては、危機感が増す調査結果となったが、サンプル調査で上下に振れやすく、ゴルフ場利用税に基づく利用者数など実態をベースに補正して分析する必要がありそうだ。

ちなみにスポーツ庁が2万人を調査した令和4年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」では、ゴルフ人口(コース、参加率6.4%、607万人と推定)、「ゴルフ練習場・シミュレーションゴルフ、5.4%、512万人)」で、ゴルフ(コース)実施者と練習場のみ実施者を合算した「ゴルファー」は全体7.5%で、人口にして711万人と推定できていた。

(ゴルフ特信より)

リソルグループ、入間CC(埼玉)を8月31日に取得。7月12日付で(株)入間カントリー倶楽部の株式譲渡契約グループ運営18カ所に、譲渡側のクラレでも同日発表

リソルホールディングス(株)は7月12日、グループの運営事業を手掛けリソル(株)を通じ、(株)クラレの連結子会社・(株)入間カントリー倶楽部を譲り受け、ゴルフ運営事業の強化を図ると発表した。

運営開始時期は今年8月31日の予定とし、同時にリソルホールディングスの株主優待の対象施設になる。

同CCは東京から1時間以内の至便なロケーションに位置し、コースコンディションに定評のある、丘陵林間コースと紹介している。リソルホールディングス(株)は東証プライム市場上場で、資本金は3億4808万8000円、グループ従業員数1694名、大株主は三井不動産41.02%、コナミグループ(株)20.39%。子会社のリソル(株)はホテル運営事業とゴルフ運営事業を全国に展開する。今年7月1日現在の運営施設はゴルフ場が真名CC真名C、真名CC真名ゲーリー・プレーヤーCなど17カ所(うち西脇CCは運営提携ゴルフ場、今年春先に東急不動産系から4コースを取得)。

一方、(株)クラレも7月12日に「ゴルフ場運営子会社の株式譲渡に関するお知らせ」として、連結子会社の(株)入間カントリー倶楽部株式の全てをリソルホールディングス(株)のグループ企業であるリソル(株)に譲渡するとし、株式譲渡契約を締結したと発表した。

「事業譲渡の目的と概要」として、同CCは、1977年9月の開場以来、長らくクラレグループの一員として魅力的なコースづくりとお客様へのサービス向上を図ってきたと報告。一方で、同社の中期経営計画において、事業ポートフォリオの高度化を掲げ、ゴルフ業界を取り巻く事業環境が変化するなか、同ゴルフ場が将来にわたりより良質なサービスを提供していくために様々な検討を重ねた結果、ホテル、ゴルフ場などの事業経営で信頼と実績のあるリソルグループに運営をお任せすることが、同ゴルフ場の将来的な成長に資すると判断し、譲渡を決定したという。

株式譲渡予定日は8月31日の予定。株式譲渡金額の開示はなく、本譲渡による同社連結業績に与える影響等は軽微と見込んでいるという。

会社株式の売買であり、約1500名のゴルフ場会員のプレー権や預託金債権はそのまま引き継がれることになる。第50期末(20年12月末)の総資産額は32億45百万円で固定負債は26億51百万円、利益剰余金は3億86百万円だった。

(株)入間カントリー倶楽部は関東ゴルフ会員権取引業協同組合に対して、7月12日のクラブ理事会において、今回の経営母体の交代に伴い2023年度正会員補充募集を停止する旨決めたと、案内した。ただし、今回の交代にあっても「当クラブの会員制度を維持し、会員中心の運営を継続することについて、譲渡先よりご理解いただいている」旨を報告している。

(ゴルフ特信より)

(株)東名小山CC、約2万名の債権者抱え破産手続開始。7月6日申立で同日開始決定、負債は約175億円。管財人はHP開設し、配当可能性低く債権申出不要と!ギャツビイGC(静岡)がプレー希望の会員継承へ

(株)東名小山カントリー倶楽部は、7月6日に東京地裁へ破産手続開始を申し立て、同日破産手続開始決定を受けた。申請代理人は浅香寛弁護士他。破産管財人には藤井哲弁護士が選任された。

管財人は、債権者へ通知し「東名小山カントリー倶楽部破産管財ホームページ」(https://tomei-kanzai.jp/)を開設。債権者からの破産手続等に関する問い合わせは、破産管財人室または、「お問い合わせフォーム」で受け付けるとし、破産手続に関するQ&Aも詳しく掲載している。同資料によれば負債総額は約175億3195万3222円(うち預託金返還請求権約167億円)、債権者数約1万9820名。

債権者には順次、東京地裁より「破産手続開始通知書」が送付されるが、本件については、裁判所の決定により、破産債権の調査を留保する取扱いとなっていて、現時点では債権届出は不要という。債権者が多数かつ各地にいて、債権者集会の開催も予定されておらず、同HPにて破産手続に関する情報提供を行うという。

破産会社からの説明として、破産手続開始の申立てに至った経緯・理由は、破産会社は昭和50年代からバブル期にかけて、当時の経営陣が、会員権を乱発して、多額の預託金を集めたものの、ゴルフ場をオープンさせることができなかったことで混乱を招き、窮境に陥った。その際、破産会社は(株)ゴルフサービスの支援を受け、同社がゴルフ場を完成させて平成元年以降、「ギャツビイゴルフクラブ」として運営し、破産会社の会員もギャツビイGCに年会費を支払うことを条件に、同ゴルフ場でのプレー権(施設利用権)が認められることになった。そして、会員に対する多額の預託金返還債務を抱える破産会社は、大幅な債務超過の状態にあったが、所有していたゴルフ場の一部施設等をゴルフサービスに賃貸し、その賃料収入を得るなどの形で同社の支援を受けながら存続し、会員対応を継続した。しかし、破産会社は、公租公課の滞納処分等を受け、資産の売却を進めた結果、最終的に見るべき保有資産がなくなり、令和5年5月をもって、ゴルフサービスとの賃貸借契約も終了、賃料収入を得ることができなくなり、これ以上の会社の存続は困難と判断し、今般、破産手続開始の申立てに至ったとしている。

破産手続開始にあたり、破産会社からは、少なくともギャツビイGCに年会費を支払っている会員については、令和5年12月までのプレー権が認められるとの報告を受けているが、今後のギャツビイGCにおけるプレー権等の取扱いの詳細については、同GCに直接お問い合わせ下さいと報告している。

ちなみに(株)東名小山カントリー倶楽部は5月25日より会員権の名義書換えを停止していた。

ギャツビイGCの小平田尚久支配人は、「(株)東名小山CCはコースが完成できず、(株)ゴルフサービスがコースを完成されて、クラブハウスも所有しています。すでに東名小山CCの資産は一部の橋など見るべき資産が残っていませんでした。まだ詳細は固まっていませんが、同CC会員債権者でプレーを希望する方は当GCで引継ぐ考えです」と説明している。同GCとしても約500名の会員が在籍しており、今回を契機に同GCで一本化されるそうだ。

東名小山CCに関しては1993年などに、会員数は4万4000名に達し、優先的にプレーすることが不可能な債務不履行だとして東京地裁などから預託金等の返還命令を受けた経緯もあり、茨城CC事件で逮捕された関係者が関与するなどゴルフ界の大量会員募集問題の象徴だった。

(ゴルフ特信より)

大宮CC、荒川第二・第三調整池の整備事業に伴い、令和6年1月28日を以って、くれないコースを終了し、18ホールに

大宮CCは、荒川第二・第三調整池の整備事業に伴い、令和6年1月28日を以って、くれないコースを終了し、27ホールから18ホールに変更となる。

変更前:
27ホール
あかつきコース(9H)、みどりコース(9H)、くれないコース(9H)

変恋後:
18ホール
あかつきコース(9H)、みどりコース(9H)

【短信】入間カントリー倶楽部、株式の全てをリソルホールディングス(株)の子会社リソル(株)に譲渡と発表

入間カントリー倶楽部を経営する(株)クラレは、本年8月31日を持って(株)入間カントリー倶楽部の株式の全てをリソルホールディングス(株)の子会社、リソル(株)に譲渡すると発表。

譲渡に関し、会員制度を維持し、会員中心の運営を継続するとのこと!

なお、経営母体の交代により、「2023年度正会員募集」は停止となる。

PGM、関電系から武庫ノ台Gコース(兵庫)取得。7月11日、(株)関電アメニックスの吸収分割で事業承継。上田治設計のパブリック、10月2日からPGMで運営。関電アメニックスは不動産有効活用であまテク閉鎖へ。

(株)平和傘下のパシフィックゴルフマネージメント(株)は7月11日、(株)関電アメニックスより、武庫ノ台ゴルフコースの事業を吸収分割の方法で承継するために設立される武庫ノ台ゴルフ(株)の全株式を譲り受ける株式譲渡契約を同日、締結したと発表した。

この株式譲渡契約の締結により、武庫ノ台Gコースを保有する武庫ノ台ゴルフ(株)は、今年10月2日からPGMの所有となり、同日からPGMが同コースの運営を開始する予定としている。

発表によると、同コースは名匠・上田治氏の設計思想が凝縮した、関西屈指の伝統ある18ホールのパブリックコースと紹介。オープン日は 1966(昭和41)年10月1日で、50有余年の歴史がある。三田の町並みを見下ろす美しいロケーションに、羽束山を中心とする北摂連山を借景とした雄大かつダイナミックでスリリングなコースがデザインされているという。アウトコースは各ホールとも松林等で完全にセパレートされ、コース幅も充分にあるタフなホールが多く、インコースは正確なショットが要求される戦略性に富んだレイアウトで、上級者から初心者まで楽しめるという。

立地は中国自動車道・西宮北ICより9キロ、電車利用の場合はJR宝塚線(福知山線) 道場駅よりクラブバスにて5分となっている。

PGMグループは1コースのリース契約を含め147コース(18ホール換算179コース)を運営している。

一方、(株)関電アメニックスも7月11日に「武庫ノ台ゴルフコース」のPGMへの譲渡およびゴルフ練習場「尼崎テクノランド」の営業を終了することを決定したと発表した。

発表によると、関西電力グループは2021年3月に策定した「関西電力グループ中期経営計画(2021_2025)」において、事業構造改革の完遂とともに、将来の成長に向けた投資を進めることとした。同方針のもと、関西電力において、同社ゴルフ関連事業の経営資源の最適化について検討がなされた結果、武庫ノ台Gコースについては、ゴルフ専業大手であり、数多くのゴルフ場の運営実績や集客面でのノウハウを有しているPGMに運営を引き継ぐことが最適との結論に至ったという。譲渡日は今年10月2日を予定しているとした。

また、尼崎テクノランドについては、不動産を有効活用することとなり、2024年3月31日をもって営業を終了し、今後、跡地活用が図られる予定とした。同テクノランドは平成6年に関西電力の発電所跡地を利用して開業。略称・あまテクとHPで紹介しており3階建て180打席250ヤード規模は関西地区最大級とし、早朝5時から深夜25時まで営業している。阪神高速湾岸線尼崎末広ICを降りてすぐという立地だった。

なお、(株)関電アメニックスが運営しているもう1カ所のゴルフ場・「日向山高原ゴルフコース」については、”当社が運営するリゾートホテル「ANAホリディイン・リゾート信濃大町くろよん」と隣接しており、引き続きリゾートゴルフ場として運営してまいります”と発表している。

(ゴルフ特信より)