韓国のゴルフ場、大衆制の営業利益率は48.6%、日本のゴルフ場では夢の高収益、会員制も24.2%、ゴルフ人口は564.1万人に、日本をも上回る?

ゴルフ特信6779号で2021年の韓国ゴルフ場用者数が5000万人を突破したことを報じたが、韓国ゴルフ場経営協会(KGBA)の4月会報で地域別などの詳細が明らかになった。

それによると2021年1~12月の韓国ゴルフ場利用者数は、505コースで前年比8.2%増の5056万6536人。1施設当り10万132人、18ホール換算で9万1661人となった。

また韓国レジャー産業研究所が5月18日に発刊した「レジャーホワイトペーパー2022」ではゴルフ人口は2021年基準で564.1万人で、2019年469.6万人より20.1%(9.5万人)増加したという。
同研究所では266ゴルフ場の営業利益率を集計し、175コースの大衆(パブリック)制コースが48.6%で前年より8ポイント上昇。18年28.2%から19年33.3%、20年40.6%と上昇してきたという。しかも減価償却前営業利益であるEBITDAは昨年56.5%で前年より6.3ポイント上昇した。91の会員制ゴルフ場の営業利益率は昨年24.2%で前年より6P上昇。14年はマイナス4.7%だったが17年に黒字転換し、EBITDAも昨年32.8%で5.2P上昇したという。

有価証券報告書提出の企業平均の8%、サムソン電子の18.5%と比べても、驚異的な営業利益率で史上最高を記録したという。

コロナ禍で利用者増とともに、特にパブリックでは利用料金を大きく値上げしたことが利益に繋がったようだ。
ただし、「体育施設の設置及び利用に関する法律」の一部改正がこの11月4日から施行される予定で、大衆制のうちグリーンフィの高いコースは非会員制に分類され、これまでの税金免除が縮小となる可能性を指摘している。

この関係から依然、ゴルフ場は料金値上げが続いているが、グリーンフィでなく、キャディフィなどの値上げで対応する動きもあるという。また値上げ過ぎて、今年は昨年ほどの利用者数が確保できていないとの報道もあった。

日本でもコロナ下でゴルフは人気となったが、韓国はかつての日本のバブル期をも上回る超バブル状態で、ついに日本のゴルフ人口を上回った可能性がある。しかもここ3年でゴルフを始めた新規参入者で20~40代が占める割合は65%というデータもあるようだ。韓国でもポストコロナでのゴルフの落ち込みを心配する意見もあるようだが、若者の新規参入の多さで日本ほどの懸念はないようだ。 元々韓国のゴルファーは21世紀に入ってから増えたので、日本より高齢者比率が高くはない。
(ゴルフ特信より)

カテゴリーNews

関連情報



【業界情報】

※※令和4年値上がり中コース(6月21日状況)※※
戸塚CC、八王子CC、河口湖CC、茨城(週)CC、筑波GC、本厚木CC、武蔵CC、大利根CC、鎌倉CC
日光CC、磯子CC、桜ヶ丘CC、大浅間GC等 各コース要因有り
(詳しくはお問い合わせ下さい。)

【至急特選売り】
戸塚CC(2350)、相模原GC(870)、日高CC(250)、本厚木CC(740)、アスレチックGC(160)
平塚富士見CC(600)、南総CC(260)、鎌倉CC(45)、藤ヶ谷CC(240)、湘南シーサイドCC(135)


<<太平洋クラブ、9月末迄名義書換キャンペーン中!>>

キャンペーン期間中の名義書換料:220万円(税込)→ご入会・ご売却、価格相談

※荒川第二・第三調節池整備【続報】※
ノーザンCC令和2年10月より25H営業、川越グリーンクロス令和6年3月迄営業決定
先々大宮国際CC36ホール?大宮CC18ホールは短縮営業予定‼️

※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※

ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391

お問い合わせフォームはこちら≫