韓国のゴルフ会員権128コースの内7コース億カン。韓国ゴルフ場経営協会(KGBA)の会報掲載‼

千葉県の某ゴルフ場が韓国系で高額会員権と年会費、月会費制で話題になり、韓国のゴルフ会員権は今、どの位か話題になることがある。日本ではバブル当時、1億円を超える高額会員権のゴルフ場も続出したが、今は韓国でも日本円換算で”億カン”の会員権が多数あるようだ。

韓国ゴルフ場経営協会(KGBA)が毎月発行する会報では韓国内の128ゴルフ場185種類(1ゴルフ場当たり1~5種類)の会員権相場(8月1日段階)が万ウォンの単位で掲載されており、700万ウォン(平日会員相当)と1300万ウォン(正会員相当)の18ホールゴルフ場が最も安く、33億ウォン(正会員相当)の18ホールゴルフ場が最も高かった。10億ウォンは現在の為替相場で1億1304万円になるので、23億ウォンだと約2.6億円となる。

10億ウォンを超えたのは7ゴルフ場もあり、日本円でも”億カン”の評価になる。

23億ウォンの相場で掲載されたゴルフ場は、日本語では南部CCと訳される。1991年に開場し、ソウル南部の京畿道龍仁市に位置し、コースは日本の丘陵・林間コースのように2グリーン。コース設計は韓国の方のようだ。開場以来、会員中心の厳格な運営をしてきたようで会員数が200名弱と少なく、年間取引も1件あるかないかという。プレー代は会員のグリーンフィが平日9万ウォン、週末10万ウォンで、非会員は平日26万ウォン、週末32万ウォン。 その他、カートフィ12万ウォン、キャディフィ15万ウォンとなっており、非会員が週末プレーすると考えると60万ウォンとなり、さすがに高すぎて、会員の利用が中心となるらしい。

この南部CCは昨年25億ウォンまで上がり、今年春先で18億ウォンまで下がったらしいが、また回復して1位奪還したとも説明されている。 京畿道龍仁の南村が19.7億ウォン、今年春先に1位になった京畿道光州のイーストバレイが19億ウォンだった。

この1~3位は毎月のように順位が入れ替わっているようだ。韓国では税金面で恩恵のある大衆パブリックゴルフ場にプレー料金の引下げ指導があったが、海外渡航規制の緩和や梅雨や猛暑の天候不順もあり、入場者数が減少した地域もあったようで、値上げするところもあれば値下がりするところもあるそうだ。

(ゴルフ特信より)

カテゴリーNews

関連情報



【PICKUP】

【レシプロ(提携)が多いコース】
恵庭カントリー倶楽部、小樽カントリー倶楽部、ザ・ノースカントリーゴルフ倶楽部
府中カントリークラブ相模原ゴルフクラブ箱根カントリー倶楽部
狭山ゴルフ・クラブ鳩山カントリークラブ飯能ゴルフクラブ
日高カントリークラブ我孫子ゴルフ倶楽部袖ヶ浦カンツリークラブ
千葉カントリークラブ茨城ゴルフ倶楽部大洗ゴルフ倶楽部
大利根カントリークラブ取手国際ゴルフ倶楽部龍ケ崎カントリー倶楽部
日光カンツリー倶楽部、喜瀬カントリークラブ、カヌチャゴルフコース
琉球ゴルフ倶楽部、片山津ゴルフ倶楽部等


【その他おすすめコース】
太平洋クラグ(17コース)山田クラブ21(6コース)、PGMグループ(148コース)

ご質問・お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル
0120-03-3391